パリのシンボル「鉄の貴婦人」

パリには多くの観光スポットがありますが、「パリのシンボルは?」と聞かれれば、多くのパリ市民は、エッフェル塔と答えるのではないでしょうか。事実、年間約700万人の観光客が訪れ、「鉄の貴婦人」という愛称で呼ばれることもあったりします。名前の由来は、設計者がギュスターヴ・エッフェルだったから。1889年、第4回のパリ万国博覧会の開催に関連して建てられましたが、フランス革命100周年の記念という意味も担っています。 なお、日本人としては東京タワーと比較してみたくなるところですが、東京タワーは333mで、エッフェル塔は324mとなっています。建てられている場所は、凱旋門の南約1.5kmのところ。シャンゼリゼの方角から散策を兼ねて、のんびりと歩いて行くのも悪くないかもしれません。

パリの夜景を愛でながら

まことに立ち姿がエレガントなエッフェル塔ですが、実はこの塔には、正面という概念はありません。どこから眺めても美しく見えるようにとの配慮からですね。なお、エッフェル塔に登るには、エレベーターと階段の2つの方法があります。57mのところにある第1展望台へは、階段で360段、115mの第2展望台であれば、700段という数です。ただし、第3展望台は276mとあって、こちらはエレベーターでしか行けません。また、3台のエレベーターが用意されているとは言え、入場者の多い時には1時間近く並ばされることもあるようです。 それぞれの展望台には、レストランやカフェなどのお店も入っていますが、パリの夜をロマンチックに楽しみたいという方には、第3展望台のシャンパンバーが喜ばれています。パリの夜景を心ゆくまで味わいたいという方は、ぜひ一度訪ねてみてください。